※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

神の村トレッキング6

雲南省

第46回-6

神湖2

INDEX

  1. 神の村トレッキング【雨崩村1】
  2. 神の村トレッキング2【雨崩村2】
  3. 神の村トレッキング3【冰湖と神瀑1】
  4. 神の村トレッキング4【冰湖と神瀑2】
  5. 神の村トレッキング5【神湖1】
  6. 神の村トレッキング6【神湖2】
  7. 神の村トレッキング7【神湖3】

少し見晴らしのいい場所に出たのでここで昼食にしようと扎西君が言い、彼が家で焼いたチベット風パン、ナンをもらい食べた。そして私が地図を書いて、今日はせめてこの草原までは行きたい。地図を指さしながら、峠をすぎると1時間ほどで草原、そこから1時間で神湖。だが今休んでいるここから峠まではまだ1時間半か2時間ほどあると思うので、今日は神湖まで行くのは難しいのでせめて草原までは行きたいと私が言えば、彼は「今休んでいるここが峠だよ」と言った。彼のその言葉を聞きいっぺんに疲れが吹き飛び、それなら神湖まで登れると元気になった。竹林を過ぎるとシャクナゲ(杜鵑花)が群生する尾根道を登った。梅里雪山13峰はあいにく雲に覆われ間近にその姿を見ることは出来なかったが、目を転じればはるか下に飛来寺が見えた。花の時期は過ぎたが、遅咲きのシャクナゲが美しく咲き、やがて雄大な景色が拡がる草原の道に出た。

旅案内

登山口から神湖への急な登山道を登り、しばらく行くと右手に雪の梅里雪山の峰々が現れ、登山道の左手下に飛来寺の村が見えてくる。しばらく爽快な道が続き、やがて神湖に入るための両側にゴツゴツとした岩山が迫る登り道になる。前に見える梅里雪山連山の西端の峰々を見ながら登るのも楽しい。

map

page_top