※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

シャンバラを歩く

雲南省

第47回-1

阿布吉措1

INDEX

  1. シャンバラを歩く【阿布吉措1】
  2. シャンバラを歩く2【阿布吉措2】
  3. シャンバラを歩く3【阿布吉措3】
  4. シャンバラを歩く4【阿布吉措4】

雨崩から香格里拉(シャングリラ)の秘境、巴拉格宗に行き5,545mの巴拉格宗神山を見て、さらに大小18の湖があるという巴拉格宗周辺を歩こうか、或いはもう一つのシャングリラの秘境、阿布吉措に行こうか迷った。結局、それほど人に知られず、開発もされていない阿布吉措に行くことにした。やはり小説「失われた地平線」への想いが強く、その舞台とも見られるシャングリラのそのまた秘境なら、きっとシャンバラに入る、そんな気分に浸れるのではと思ったからである。
今回で二度目の訪問となったシャングリラの民宿の若い主人に頼んで阿布吉措登山のガイドに連絡してもらい、すぐに出発できる登山メンバーに加えてもらえることになった。
阿布吉措はシャングリラの郊外、小中甸鎮にある。朝早く、シャングリラの街を車2台で出発し、1時間半ほどで登山口の牧場に着いた。その同行メンバーは異色だった。

旅案内

香格里拉から阿布吉措登山口までは車で1時間半ほど、比較的近いにも関わらずあまり知られていない。香格里拉の観光案内にも載っていない。やはり車では登れず一般の観光客が行けないからだろう。しかし一緒に登った人の中にスペインの人がいたのには驚いた。

map

page_top