※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

高山を仰ぐ壮大なドラマ

四川省

第15回-1

貢嗄(コンガ)山と海螺(ハイロウ)溝1

INDEX

  1. 高山を仰ぐ壮大なドラマ【貢嗄(コンガ)山と海螺(ハイロウ)溝1】
  2. 高山を仰ぐ壮大なドラマ2【貢嗄(コンガ)山と海螺(ハイロウ)溝2】

その日、貢嘎(コンガ)山の麓の氷河、海螺(ハイロウ)溝は厚い雲に覆われ周囲の雪峰はブェールに包まれたように姿を隠していた。氷河を歩きながらふと後ろをふりかえると、ポツンと点のように青い色が現れた。そして青い点は次第に大きくなり、まるで額縁の絵を見るかのように雪峰の頂が現れた。いったい誰がそんな演出をしたのだろうか。壮大な大自然のドラマの一コマだった。貢嘎(コンガ)山は海抜7,556m、四川省一の高峰で世界でも登攀の難しい山の一つとされている。その麓には美しい氷河が拡がる。山を見上げていると黒い点のようなロープウエイのゴンドラがゆっくりと動いている。あんなに高く、ロープを支える鉄塔もなく大きな谷をまたいでロープエイが通っている。霧の中を進むロープウェイに乗っている人は、きっと眼前に現れた大舞台の幕が開いたようなハプニングの演出に大歓声を上げていることだろう。海螺溝氷河の上を行くロープウエイはまさに天空のロープウエイだった。

旅案内

成都から海螺溝に行くには高速道路で雅安まで行き、チベットに向かう国道318号の川藏南綫道路を通り康定に行き、そこから磨西古鎮に行く。距離はおよそ350㎞。牛背山の近くを行く近道もある。磨西古鎮が海螺溝公園への玄関口になっている。公園入口から専用バスが出ている。氷河をまたぎ高山を結ぶ壮大なロープウェイもある。海螺溝周辺をトレッキングすれば壮大な貢嘎の山に感動する。

map

page_top