※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

華僑の故郷を訪ねて

広東省

第40回-1

開平1

INDEX

  1. 華僑の故郷を訪ねて【開平1】
  2. 華僑の故郷を訪ねて2【開平2】

1840年~1911年にかけて数百万人の中国人が米国など海外に渡り鉱山で金採掘や鉄道建設、農業に従事し、都会では貿易や飲食業などの仕事に就いた。アメリカ横断鉄道は広東省の江門から米国に渡った労働者の力により建設された。当時、彼らは“売猪仔”(子豚を売る)と呼ばれ、それは海外で苦役に就く中国人の血と涙と汗を象徴する言葉だった。広東省の珠江の西、江門市に県級市の開平がある。開平は“華僑の故郷”である。開平出身の華僑(香港、マカオを含む)同胞は百万人近くいると言われる。その開平に「開平望楼」と呼ばれる、故郷に帰った華僑が建てた建物群が残る。「開平望楼」は1915年から1925年頃、中国と西洋のデザイン様式を取り入れて規模とデザインを競って建てられ、多くが4、5階の鉄筋コンクリート造りである。その数は千を超え、現存する華麗で重厚な建物群は世界文化遺産に登録されている。米国では黒人差別のデモが今も続く。米国という国は黒人や中国人などの血と汗で出来上がった国でもある。今も差別を続ける人は少しは自身の国の成り立ちを謙虚に見ることができないのかとも思うが、そんな謙虚さも持てないので黒人や黄色人種への差別が続く。クリスチャンの国が何故と不思議に思う。

旅案内

開平望楼は広東省の広州の南、江門市の開平にある。広州から110㎞、マカオからだと車で3時間くらいである。望楼が建築された最盛期には3千棟があったが、今は1833棟が残る。その中でも蜆岡鎮錦江里村にある瑞石楼は1923年に建築され9階建てで現存する望楼の最高傑作と言われている。故郷に錦を飾る、開平から海を渡った人々は皆、この思いを支えに苦役に耐えたのだろう。

map

page_top