※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

心中の日月

雲南省

第5回-1

シャングリラ1

INDEX

  1. 心中の日月【シャングリラ1】
  2. 心中の日月2【シャングリラ2】

香格里拉(シャングリラ)は迪慶蔵(ティチンチベット)族自治州にあり、藏語で“心中的日月”、心の中の太陽と月の意で、シャングリラの街は“月光城”と呼ばれる。
シャングリラの総面積は11,613㎢で秋田県や岐阜県とほぼ同じ面積。4つの鎮とその下に58の村があり、総人口は175千人ほどで藏(チベット)族、納西(ナシ)族、白族など10の民族が暮らす。雪山、峡谷、草原、高山の湖、原始林に囲まれた盆地のシャングリラはそこで暮らす藏族にとって浄土のようなところで、チベット仏教「カーラチャクラ・タントラ」の香巴拉(シャンバラ)精神、香巴拉文化を脈々と受け継いでいる街である。シャンバラはチベット語で「幸福の森」でチベット仏教の理想の浄土、仙境である。シャングリラはチベットへの茶馬古道の要衝にあり1300年の歴史がある。シャングリラの街を見下ろす丘にチベット仏教寺院がある。そこから見た街は眞に大きな七つの山々に囲まれ中央に蓮の花が描かれたシャンバラの地、そのもののようだった。丘の上からシャングリラから200㎞ほど北に聳える海抜6,740mの梅里雪山が見えた。そこにはさらにシャンバラの世界が拡がっているのだろうか。梅里雪山の麓に雨崩という村がある。あらためて訪れようと思っている秘境である。

旅案内

シャンバラはインドのヒンズー教の理想郷でチベット仏教の理想の浄土ともなった。シャンバラには雪山があり、その裾野は森林に覆われ、草原には花が咲き乱れ、大小の湖がある。空には星があふれ輝き、大きな宮殿が空に向かいそびえるように建っている。まさにシャングリラそのものである。シャンバラは中央アジアのどこかにあると言うが、ふとそこに降りる階段への入り口がシャングリラの近くにある気がした。

map

page_top