丹霞山

※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

朝日に輝き雲海に浮かぶ岩峰

世界には丹霞と呼ばれる地形が千以上あるという。そのなかでも広東省の丹霞山は地質学上の種類も豊富でその象徴のような場所と言われ、丹霞そのものの名で呼ばれる。

朝早くまっ暗な中、民宿を出て赤色砂礫岩の大きな岩山に登った。雲海から周囲の岩峰の頭が覘き、それはまるで海に浮かぶ島々のようだった。雲の上に太陽の頭が顔を出すと赤い一筋の線が伸びて山々が輝き始めた。陽が昇って雲が切れると、その隙間から丹霞鎮の村と渓流が見えた。それはまるで一服の掛け軸を見ているようだった。

丹霞には別名、男岩、女岩と呼ぶ象徴的な岩がある。男岩の前で、旅行に来た中国人のおばさん達が大喜びで、大声を上げながら踊っていた。

  • 遠くに街の灯りが見える
  • 太陽が少し見えだした
  • 霧の間に長老峰の真下の村が見える

page_top