※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

錦秋の丹巴路を行く4

四川省

第20回-4

紅葉の丹巴路2

INDEX

  1. 錦秋の丹巴路を行く【八美から丹巴路へ】
  2. 錦秋の丹巴路を行く2【雅拉雪山を望む】
  3. 錦秋の丹巴路を行く3【紅葉の丹巴路1】
  4. 錦秋の丹巴路を行く4【紅葉の丹巴路2】
  5. 錦秋の丹巴路を行く5【四姑娘山の秋】

秋の丹巴路を歩きながら中国の秋を想う。日本の秋と中国の秋、そこに暮らす人々に秋への思いは違うのだろうか。日本では“黄色い秋見つけた”の歌もあるが「紅萌ゆる、丘の花」の詩にあるように秋は“紅萌ゆる”である。だが中国はそうでもない。中国の秋は色彩では銀杏などの黄色が多い。自らも上海や天津また南の広東省で生活したが「紅萌ゆる秋」の印象は少ない。漢詩にも紅葉をめでる詩は少なく、秋のわびしさと人生の悲喜を詠む詩が多いと思う。春は「白水満春塘」(輝く水が春の堤に満ち)や「桃之夭夭 灼灼其華」(若々しい桃、光り輝く花)や「春草」など、春の息吹とみなぎる力が詠われるが、秋は「野風吹秋木 行子心腸断」(野の風が秋の木に吹き渡り、旅行く人は寂しさが腹の底までしみわたる)「秋風吹飛藿 零落従此始」(秋風が豆の葉を吹き飛ばす時、零落が始まる)のように侘しさ、寂しさが詠まれる。秋に人の世の淋しさを感じるのは日本も中国も同じだろうが、中国では秋の侘しさは、秋が紅に萌えないことも一因でないかとも思う。だが、丹巴路の秋は雄大で“黄色い秋見つけた”のすばらしい秋だった。

旅案内

なぜ中国の「秋」は李白の詩の「白髪三千丈、何処得秋霜」のように寂しさや良くないことの象徴のように扱われるのだろうか。耿湋(コウイ)の秋日の詩も“憂来”(憂う、心配)と“秋風”が対になる。日本では北原白秋、女性なら千秋のように名前に秋の字を入れる人もいるが、中国で秋の字が名前に入る人には出会ったことがない。個人的には枯れていく前に最後の力を出しきって見事に輝く錦繍こそすばらしいと思うが。中国人の秋への思いは違うのだろうか。

map

page_top