※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ5

新疆ウィグル自治区

第9回-5

カナスへの玄関

INDEX

  1. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ【蘭州から烏魯木斉へ】
  2. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ2【烏魯木斉】
  3. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ3【ジュンガル盆地】
  4. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ4【砂漠の道】
  5. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ5【カナスへの玄関】
  6. 烏魯木斉(ウルムチ)からカナスへ6【阿勒泰(アルタイ)の深緑の谷】

阿弥泰(アルタイ)の布爾津(フルツ)の街はカナスへの玄関である。アルタイ山脈の西南麓にあり人口は7万人ほどの小さな街である。そして中国とカザフスタン、ロシアとの交易の街でもある。フルツの街を額爾斉斯(エルティシ)河が流れる。エルティシの水はカザフスタンからロシアに入りオビ川となって北極海に注ぐ。その水の流れを思い浮かべるだけでもロマンがわく。
フルツの街は夜の10時でも昼のように明るかった。やっと陽が沈みかけた頃、エルティシ河畔に行った。遅い夕食を終えた人々がさわやかな風に吹かれて岸辺を歩いていた。ロシア建築の独特な丸みを帯びたモスクのような建物の向かうが赤く染まり、土手を散歩する人たちが影絵のように浮かぶ。そしてエルティシ河も夕陽に赤く染まっている。岸辺に座って北極海まで流れる遠い、遠い水の旅に思いをめぐらせる。まさに阿勒泰(アルタイ)の浪漫である。フルツの飲食街に行き、網状の鉄鈎に羊の肉をかけて胡椒、塩、ターメリックなどの調味料で時間をかけて焼き上げた新疆名物の羊肉を食べた。フルツの峠を越えると、いよいよアルタイの緑の世界に入っていく。

旅案内

ウルムチから1日かけ荒涼とした砂漠を抜 けるとオアシスのような布尓津の街に着 く。布尓津で泊り朝早くカナスに向け出発 する。カナスまではさらに北に210㎞、3 時間ほどかかる。布尓津から峠の道を超え ると緑の色がだんだん濃くなっていく。阿 勒泰(アルタイ)の懐に入っていく感慨が わく道である。布尓津から東の阿勒泰市に 向かいさらに東に行けば、北新疆のもう一 つの秘境、可可托海(ククトハイ)地質公 園に行ける。

map

page_top