※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

天空の路を行く2

雲南省

第3回-2

香格里拉(シャングリラ)への道 雪と紅葉の峠を越えて

INDEX

  1. 天空の路を行く【香格里拉(シャングリラ)への道 虎跳峡と神河橋】
  2. 天空の路を行く2【香格里拉(シャングリラ)への道 雪と紅葉の峠を越えて】
  3. 天空の路を行く3【哈巴(ハバ)雪山と玉龍雪山を望む】

雲南省の西北部、西蔵(チベット)自治区と四川省とミャンマーと境界を接する地方を廸慶(ティチン)と呼ぶ。そこには梅里雪山や白馬雪山、哈巴(ハバ)雪山など海抜5千メートルを超える雪峰がいくつもあり、美しい峡谷と草原と森林の地である。廸慶には青藏高原に源を発し、横断((ホントワン)山脈を抜けて雲貴(ユンクイ)高原に流れ込む三つの河、西から順に怒江、欄滄(ランカン)江、金沙江、が流れる。狭い地域を三つの川が流れるため三江併流とも呼ぶ。東を流れる金沙江は長江(揚子江)の上流域の呼び名である。金沙江は香格里(シャングリラ)の近くから麗江に南下し、大きく蛇行して虎跳峡となる。三江併流は中国でも屈指の山岳と峡谷美の地域で、シャングリラまでの行路は虎跳峡や白水台など、長い時間が気にならない変化に富んだ景色を楽しむことができる。高山に雪が積もり山の上から紅葉が麓に向かい続いている。虎跳峡を過ぎいくつも峠を越えた。車につけられた高度計が3,720mを記録している。日本にいると富士山の高さを車で走る経験をすることもないが、やはり中国。3,700mの手前からカウントダウンをしながら峠を越える。

旅案内

虎飛峡から国道214号を通るとシャングリラには早くつくが、白水台に立ち寄るために山道を走った。その道は海抜5,396mの哈巴(ハバ)雪山の麓を通る。雲南省の最高峰は海抜6,740mの梅里雪山であるが登山が認められていないので許可されている哈巴雪山に登る人が多い。厳冬期の1、2月を避け比較的風も穏やかな11月頃の雪山に登る女性も結構いる。そんな哈巴雪山の麓を走った。白水台からシャングリラへの秋の道はすばらしい天空の道だった。

map

page_top