※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

中国最美的小城4

湖南省

第24回-4

鳳凰4

INDEX

  1. 中国最美的小城【鳳凰1】
  2. 中国最美的小城2【鳳凰2】
  3. 中国最美的小城3【鳳凰3】
  4. 中国最美的小城4【鳳凰4】

朝早い古城街を歩いた。雨に濡れた石畳が古鎮の佇まいに趣を添えていた。石畳の両側にお酒やお茶、蜂蜜柚子茶、鴨肉や湘西燻製肉、臭豆腐、銀の装身具、民宿、お菓子の店が軒を連ねている。それらの店の看板を見ているとおもしろく楽しくなる。さすが漢字の国である。どの店の看板も趣向をこらして達筆で、競うように書かれている。お酒の店の酒の文字は桃色でほろ酔い気分を感じさせる。苗族の家庭料理の店には“苗家絶味”と書かれていた。「絶」の一文字で美味しいのがわかる。“包猪婆”はおばあさんが豚肉の揚げ物を売るのだろうか。“清晨陽光”とあった。すがすがしい朝の陽光かな。はて何を売っているのか。“吉尼斯”はギネス、どんな珍しいものを売るのか。“牛牛的牛”。牛には頑固の意味もあり、どんな頑固な牛の肉か。それとも店の親父が頑固なのか。それとも牛の中の牛なのか。“中葯枕”は漢方薬の枕か。“鼓動奇跡”、民族楽器の鼓を売る店だ。看板が競いながら古鎮を表現している。看板めぐりをしているだけで時の経つのも忘れてしまいそうだ。

旅案内

中国は経済成長のためか都会の喧騒を逃れ、癒しを求めて古鎮や古城を訪ねる人が増えた。四大古鎮は広東省の佛山古鎮、“季華郷”と呼ばれ唐の時代からの古鎮、また陶器の都、景徳鎮も有名な古鎮、そして湖北省の長江河畔の武漢三鎮の漢口古鎮、河南省の開封市にあり“南船北馬”の交通の要、北宋時代から栄える物資集散地の朱仙古鎮が四大古鎮である。それ以外に城壁があり古鎮より大きい“徽古”“閬中”“平遥”“麗江”の四大古城がある。

map

page_top