※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

感涙のブルー2

四川省

第18回-2

牛奶海

INDEX

  1. 感涙のブルー【牛奶海と五色海への道】
  2. 感涙のブルー2【牛奶海】
  3. 感涙のブルー3【五色海】

登山道を登りつめると、翠の輝きを放ち、静寂の中にたたずむ牛奶海(牛乳の湖)のブルーが目に飛び込む。すべてを忘れて静かに濃い翡翠のようなブルーを見続けた。じっと見ているとなぜか自然に涙があふれる。なぜ涙が出たのだろうか。
純粋な美しさに心をあらわれたからなのか。苦しい登山道を登り終えた感激からか。いやこの輝くブルーにはきっと秘められた何かがあるのだろう。だからこの地に暮らす人はここを聖地にしたのだろう。
漢の時代、曹操は「短詩行」で「山不厭高 海不厭深」(山は高き、を厭わず、海は深き、を厭わず)と詠んだ。山も海もあるがままに存在している。人はそのようにありたいと願いながら自然を見る。だからその純粋さに感動し涙が出るのかもしれない。
牛奶海は、そこを訪れる旅人の心を癒す菩薩の湖だった。高度にも慣れてきたのか、牛奶海を遠くから見たいと思い海抜5,000mくらいまでさらに山を登った。そこは人もなく、高山から吹き下ろす強い風が痛いほど顔に吹き付ける風の世界だった。牛奶海の碧と空の碧、その色はいつまでも心の中の碧となって残るだろう。

旅案内

亜丁村周辺のトレッキングには仙乃日の背後を回り央邁勇、夏洛多吉の三つの山やその周辺の山々を巡るコースもある。亜丁は中国でも有数のトレッキングの地に選ばれている。時間があればゆっくり歩いて雄大な自然を満喫し秘境を味わいたい。稲城から亜丁村の間に四川の香格里拉鎮がある。香格里拉鎮からは亜丁の山々を回り込むように環状に瀘亜西線、東線道路があるが道は非常に急峻である。途中から雲南省の香格里拉に通じる道路もある。

map

page_top