※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

四姑娘山、大峰を登る2

四川省

第39回-2

四姑娘山鎮から大本営ベースキャンプへ1

INDEX

  1. 四姑娘山、大峰を登る【長坪溝、枯樹灘】
  2. 四姑娘山、大峰を登る2【四姑娘山鎮から大本営ベースキャンプへ1】
  3. 四姑娘山、大峰を登る3【四姑娘山鎮から大本営ベースキャンプへ2】
  4. 四姑娘山、大峰を登る4【四姑娘山鎮から大本営ベースキャンプへ3】
  5. 四姑娘山、大峰を登る5【大峰山頂】

二日目、朝早く四姑娘山鎮を出発し16㎞先の大本営キャンプ地への山道を登る。四姑娘山鎮の海抜は3,150mほど、大本営は4,379m、大峰が5,025mで高低差1900mを二日かけて登る。以前に同じ四川省の稲城亜丁で5千mほど、また雲南省の玉龍雪山で4,670mの高度の経験があるので大丈夫だろうと思いながらも、その時と比べてはるかに長い距離を歩かねばならない。大丈夫かなという不安と馬を使わずに自力で登って頂上からの日の出をみたいという期待が入り交り、心中は複雑である。登山には麓の村に暮らす蔵族ガイドが馬二頭を従え同行した。一頭に荷物を載せ、一頭は疲れて歩けない時の救護用である。だがその一頭には同行の李明君が麓から乗って大本営キャンプまで行く。しばらく登ると、鍋荘坪という台地に着いた。昔、周辺100㎞に暮らすチベット族は正月の三日に、着飾った服を着て、赤いシルクを着せた馬に乗ってこの台地に集まり四姑娘山を遥拝して歌を唄い踊ったという。赤い布を着た白馬にまたがり尾根を駆けるチベット族。映画のようなシーンが目に浮かべながら尾根筋を歩いた。

旅案内

四姑娘山の麓には長坪溝の他に双橋溝と海子溝がある。双橋溝は全長30㎞で五色山や海抜5,360mの獵人(リエレン)峰、布達拉峰など四姑娘山の前衛の高山を見ながら峡谷を行く。また海子溝は四姑娘山の四つの山を挟んで長坪溝と反対側にある峡谷で大小十数個の湖がある。初夏には峡谷に咲く美しい花を見ることができる。5千m、6千mの雪山と裾野に広がる草原、峡谷の雰囲気を楽しみながら時間をかけてゆっくりと歩きたいすばらしい峡谷である。

map

page_top