※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

灼熱の大地を歩き緑の谷で憩う2

新疆ウィグル自治区

第37回-2

葡萄溝

INDEX

  1. 灼熱の大地を歩き緑の谷で憩う【火焔山】
  2. 灼熱の大地を歩き緑の谷で憩う2【葡萄溝】

火焔山の近くに葡萄の谷、葡萄沟がある。全長8㎞、東西2㎞の河が流れる緑の谷で、火焔山と同じ地にあるのかと不思議に思える対象を成している。
中国の葡萄の歴史は2500年前に遡る。吐魯番はシルクロードの要衝で漢代の西暦123年に西域護符が置かれ、西域から葡萄がもたらされて西暦400年頃に葡萄栽培が始まり、今は中国最大の葡萄産地である。白葡萄、赤葡萄、カシュガル葡萄など栽培の種類も多い。葡萄沟で搾りたての葡萄ジュースを飲んだ。その上品で純朴な味は忘れられない。葡萄沟の売店では陽気で可愛いウィグル女性に勧められて干し葡萄を買い、そこで食べた「ウリの王様」ハミ瓜の美味しさも忘れられない。ハミ瓜には夏の瓜と冬の瓜があり季節で味も少し違うという。
吐魯番にはいたるところに葡萄畑があり農家には葡萄を干す「葡萄晾房」という通風の良いレンガの小屋がある。小屋の通風孔の文様は統一され、それは吐魯番の街の象徴でもある。吐魯番は葡萄とワインの郷である。

旅案内

吐魯番にはカレーズ(井渠)と呼ぶ2千年前に造られた上水道がある。中国古代三大工程の一つで、四川省の都江堰と同じ三大水利工程とも言われ、地下に高さ1.5~1.7m、幅0.7mほどの暗渠が掘られ、その長さは5~20㎞に及ぶ。新疆にはハミやホータンなどに全部で1784本のカレーズがあり、総延長は5,272㎞になる。天山の雪解け水が地下に流れそれを利用して古代の人々は飲み水や灌漑に使った。2千年前に上水道が整備されている。中国は偉大な歴史の国である。カレーズは命の泉だった。

map

page_top