庫尓徳寧(クルトニン)、那拉堤(ナラテー)

新疆

※このページに掲載した写真は個人利用に限り自由にご利用いただけます。
著作権について

清風吹き渡る三面青山の草原劇場

クルトニン

西天山の庫尓徳寧(クルトニン)から那拉堤(ナラテー)を訪ねた。
庫尓徳寧は中国でも最大の原始杉の森林が広がる雪山、渓谷、森林美の地で、“雪嶺雲杉”の故郷と言われる。その渓谷を行くと前方に西天山の那拉堤山脈の最高峰、4,257mの喀班巴依(カバンベイ)峰が聳える。喀班巴依はカザフ族の英雄で、崇敬の意で名づけられている。原始杉はペンを真っすぐに立てたような不思議な姿をしていた。

  • カバンベイ峰4257m

ナラテー

西天山には三つの有名な草原がある。喀拉峻(カラジュン)と巴音布魯克(パインブルク)、そして那拉堤(ナラテー)である。
那拉堤は“三面青山列翠屏、腰囲玉帯河縦横”、三方を緑の山に囲まれ、玉帯のような河が縦横にながれると言われる草原である。
天山と那拉堤山脈にはさまれた谷間の草原は草原劇場の舞台のようだった。
舞台で馬や羊が戯れ、点在する白いパオは、緑の中に輝く真珠のようだった。
山の中腹から草原を眺めていると、清らかな風に乗ってソプラノの歌声が聞こえてくる。そんな思いがする緑の劇場だった。
きっと昔、カザフの遊牧民は舞台で収穫の祈りを捧げ、民族衣装を着飾って踊り、空に向かい唄ったのだろう。

  • 那拉堤への入り口
  • 深緑の美
  • 若き旅人よ
  • 雲の芸術

page_top